「徳川将軍家菩提寺 成道山大樹寺 プロジェクションマッピング&デジタルアートナイト拝観」を2021年12月24日(金)から26日(日)まで大樹寺(愛知県岡崎市)で開催します。


この催しは、徳川家康ゆかりの寺院・大樹寺の三門などの建物に、岡崎市が誇る文化財や三河花火などの豪華絢爛なプロジェクションマッピング映像を投影するものです。入場は無料で、事前申込不要です。

あわせて、大樹寺の本堂や大方丈の襖の間では「徳川将軍家菩提寺 成道山大樹寺デジタルアートナイト拝観」を開催します。(有料、事前申込不要。)現在は非公開の重要文化財・冷泉為恭筆大樹寺大方丈障壁画を高精細な映像でデジタルアートとして再現した襖の間などを鑑賞いただけます。

徳川将軍家菩提寺として500年以上の歴史ある寺院を舞台に、歴史や伝統、文化財と最先端のデジタル技術との融合による幻想的な世界をぜひお楽しみください。

※イベントは終了しました。



開催概要


【名称】 徳川将軍家菩提寺 成道山大樹寺プロジェクションマッピング


【日時】 2021年12月24日(金)〜26日(日) 18:00〜21:00

※約8分間のコンテンツを約5分間のインターミッションをはさんで連続投影します。

※雨天決行、荒天の場合は投影を見合わせます。

※上記時間帯以外の通常の参拝は可能です。


【会場】 大樹寺(愛知県岡崎市鴨田町字広元5-1)

<アクセス>

・愛知環状鉄道「大門」駅より徒歩10分

・名鉄「東岡崎」駅より名鉄バス「大樹寺」下車、徒歩5分

※駐車場はございますが混雑時は駐車いただけない場合があります。なるべく公共交通機関をご利用ください。


【入場料】 入場無料・事前申込不要

※混雑時は、入場までお待ちいただく場合があります。

※ご覧いただく際はマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保をお願いします。

※会場内でご覧になる際は、係員の誘導に従ってください。


【内容】徳川家康ゆかりの寺院・大樹寺の本堂や三門などの建物に、岡崎市が誇る文化財や三河花火などの豪華絢爛なプロジェクションマッピング映像を投影します。


【次の事項に該当する方の来場はご遠慮ください】

・新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触がある方

・同居家族や身近な知人に感染が疑われる場合がある方

・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航ならびに当該在住者との濃厚接触がある方

・感染時に重篤化する可能性の高い高齢者や持病のある方は、来場について慎重な検討をお願いいたします。


【主催】岡崎市・岡崎市ナイトタイムエコノミー推進協議会

【企画制作】株式会社一旗


<同時開催>

【名称】 徳川将軍家菩提寺 成道山大樹寺デジタルアートナイト拝観


【日時】 2021年12月24日(金)〜26日(日) 18:00〜21:00(最終入場20:30)

※通常の拝観は9:00~15:00(最終受付14:50)。


【会場】 大樹寺 大方丈(愛知県岡崎市鴨田町字広元5-1)

※本堂内から入場いただけます。

※通常の拝観と異なり、一部拝観いただけない場所があります。

※収蔵庫の拝観はできません


【拝観料】 500円(小学生以上)、未就学児無料

※拝観料は当日受付にて現金でお支払いください。

※混雑時は、入場までお待ちいただくか、入場いただけない場合もあります。


【内容】 現在は非公開の重要文化財・冷泉為恭筆大樹寺大方丈障壁画を高精細な映像でデジタルアートとして再現した襖の間などを鑑賞いただけます。


大樹寺について

かつて、桶狭間の戦いで敗れた家康公が逃げ帰り、自害を試みた際に、住職から「太平の世を目指す」教えを受け、思いとどまったという、歴史的に大きな役割を果たしたお寺です。

3代将軍家光公建立の山門、総門を起点に岡崎城と大樹寺を結ぶ約3kmの直線は「ビスタライン」と呼ばれ、歴史的眺望として約370年間守られてきました。

松平家・徳川将軍家の菩提寺で、文明7年(1475)4代親忠により勢誉愚底上人が開山しました。

松平8代の墓、国の重要文化財の冷泉為恭ふす間絵、歴代将軍の位牌、家康73歳の時の木像などが祀られています。

また、国の重要文化財である多宝塔は、天文4年(1535)に家康の祖父・松平清康が建立しました。

1層は方形、2層は円形のこの二重の塔は、蟇股(かえるまた)・拳鼻(こぶしばな)などの彫刻模様に室町末期の美しい様式を見ることができます。


岡崎市ナイトタイムエコノミー推進協議会 | 桜城橋×Rally Japan プロジェクションマッピング